Illustratorで!アナログイラストをデジタル化【ワークフローその②】Adobe Capture CC編

前回はスキャンしてからIllustratorでトレースする方法を紹介したよ
手間はかかるけど応用が効くんだったよね。サクッとデジタル化したい時はどうしたらいいの?

Adobe Capture CCでスキャンする流れ

STEP.0
下準備
Adobe Capture CCをダウンロードしてAdobe IDでサインイン。ADOBE CAPTURE CC

STEP.1
アプリで撮影
「シェイプ」を選んで撮影し、必要であれば編集してから保存。

Creative Cloudライブラリに同期されているから、PhotoshopやIllustratorの「ライブラリ」パネルからドラッグアンドドロップしてすぐ使える。イラストのデジタル化2-1

STEP.3
着色
色を付ける場合はIllustratorのライブペイント機能を使う。

Caputure CCを使うデメリット

  • ひとつのシェイプとして保存される。線や文字をアウトライン化した時と同じ状態になるため、あとからアンカーポイントを動かしたり、線幅を変えるなどの細かい調整は難しい。

メリット

  • とにかくすぐできる。撮影するだけで線画を抽出してくれる。
編集はしにくいから、シンプルなイラストや、下絵をそのまま使うような場合に向いているんじゃないかな

すごく簡単だね!手描き風のイラストを使いたいときに活躍しそう。

LINEスタンプ作りにも使えるかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です