Illustratorで似顔絵アイコンを作る講座を行いました

先日グループ授業の講師をさせていただきました。

Illustratorをあまり触ったことのない人を対象に、
デフォルメされた似顔絵を描いてみようという内容です。

初めて講師を務めたのですが、教えるという作業を通して私自身とても勉強になったことがあります。

準備の段階では、
慣れすぎて感覚的に行っている操作を言語化ために、ツールの名称などを調べなおしたり、
自分が初心者だった頃つまづいた部分を掘り起こし、
どう説明してもらえたらわかりやすかったか?を何度も考え、構成や見せ方をブラッシュアップしました。

スライドもIllustratorで自作しました。
ひとつのアートボードで制作するのと、アートボードを数十枚用意して制作するのとでは勝手が異なるためいい経験になりました。

実際の授業では、
基礎的な操作について説明をしてから実際にイラストを描くところをお見せしました。
不慣れな面もあったと思いますが参加者に恵まれて和やかな雰囲気で終えることができ、
Illustrator経験者にも「そのツール、そんな風に使うんだ!」という反応を頂くことができました。
参加者が実際に似顔絵を描いてくださり講師冥利に尽きます。

授業終了後は授業内容についてアンケートを取ったので今後の参考にさせていただきます。

slide_190414

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です